株式会社Wiz×FP不動産建物管理
「マンションDX 空室対策できるくん 」

ベストミライクル株式会社×FP不動産建物管理
「FP不動産建物管理withアメイジング賃貸住宅設備保証」

株式会社TOKAI×全宅管理(FP不動産建物管理は会員)
「夜間休日受付対応教務」

FP不動産建物管理 過去業務実施例
(楽侍にて掲載) 

FP不動産建物管理は
ウチコミエージェントです。

FP不動産建物管理は
日本不動産仲裁機構ADRセンター
調停人候補者です。

P不動産建物管理は賃貸住宅管理業者登録済
(一社)全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)の会員です。

FP不動産建物管理は(一社)大阪府不動産コンサルティング協会に所属しております。
相続・空き家問題・空室問題解決の企画立案のコンサルティング(代行含む)をさせて頂きます。

オーナー様向け
空室対策・空き家対策・相続対策ご提案

賃貸マンション、アパートを所有するオーナー様にとって、【空室対策】【空き家対策】【相続対策】等の賃貸経営、経営収支問題は永遠に続く頭の痛い問題であります。
特に追い打ちをかけるのが少子高齢化に伴う若年層の人口減による需要減と供給過多になり、"収益物件を常に空室状態にならないようにする為にはどうすればいいのか"と出口の見つからない問題に直面しております。

FP不動産建物管理では「不動産管理を基盤に保有資産を有効活用」「供給過多な賃貸市場に差別化が図れる賃貸経営をご提案」を実施することが真の賃貸経営の道しるべだと考えております。

FP不動産建物管理では、築年数10~30年超の収益物件に対して、各オーナー様へ下記項目の確認をお願いしております。
 1.賃貸管理費用が高騰ではないか。(中堅~大手管理会社においては、必然的に会社経費が嵩みます。)
 2.共用部設備が競合築浅物件と比較して、旧式共用設備を使用し、魅力のある共用施設を設置していないのではないか。
 3.建物外観や室内設備の劣化損傷が激しくなり、見た目で築浅物件に対抗できていないのではないか。

"供給過多な賃貸市場に、差別化が図れる賃貸経営をご提案"
・・近年の物価高経費圧迫を打破する為、
入居率UP並び賃料UP、経費down商品をご提案をさせていただきます。

不動産管理業務

1に関して、不動産管理業務では賃貸管理業務費の見直しを図ることからスタートします。
FP不動産建物管理は不動産管理において、賃貸管理業務「賃料額に拘らず業務毎の均一金額(1室/月額1320円(税込)夜間休日受付対応付)」でご提供させていただきます。
・・家賃80000円、50000円、30000円と家賃額違えども、FP不動産建物管理では【1室/月額1320円(税込)夜間休日受付対応付】です。

不動産管理業務
【空室対策】

2に関して【空室対策】として、FP不動産建物管理の提携先(㈱Wiz)する「マンションDXで空室対策ができるくん」で解決の道筋が立てられます。
先程1でご説明しました"賃貸管理業務費用の軽減化"を実施した後、【空室対策】として共用部設備(インターネット整備、防犯カメラ、宅配ボックス設置)の充実化を図ります。
それにより入居率80~90%を目指して参ります。
(FP不動産建物管理ではファイナンシャルプランニングによる管理コストの見直し住宅設備機器の故障対策を行ない、更なるコスト軽減を図ります。)
是非FP不動産建物管理の提携先(㈱Wiz)する「マンションDXで空室対策ができるくん」の導入をお勧めさせていただきます。

更に、入居率80~90%をより確実にする為の経費dowm商品のご提案としてFP不動産建物管理withアメイジング賃貸住宅設備保証でその解決の道筋が立てられます。
(FP不動産建物管理ではファイナンシャルプランニングによる管理コストの見直し住宅設備機器の故障対策を行ない、更なるコスト軽減を図ります。)
快適な週宅設備維持を整えることにより、他物件との差別化が図れます。
是非FP不動産建物管理withアメイジング賃貸住宅設備保証の導入をお勧め致します。

リノベーション業務

最後に3に関してはただ単に行き当たりばったりの工事を実施するのではなく、周辺エリアを調査し、不動産コンサルティングを活用した「事前収支計画」を立案し、差別化を図れる室内リニューアル工事のご提案し、満室達成の道筋を作るお手伝いをさせていただきます。

入居斡旋業務

FP不動産建物管理では入居促進として下記商品をご案内させていただきます。

空き家対策 相続対策

FP不動産建物管理では「不動産管理を基盤に保有資産を有効活用」「供給過多な賃貸市場に差別化が図れる賃貸経営をご提案」を実施することが真の賃貸経営の道しるべだと考えております。
後、FP不動産建物管理では【空き家対策】【相続対策】にも重点を置いております。
近年眼立っております「空き家放置」「所有者不明土地」等により、行き届いた空き家管理が出来ず、近隣苦情や犯罪の可能性が高まり、並び相続問題未解決により資産有効活用が出来ないようになります。
そこで、FP不動産建物管理は不動産管理業務を得意としております。
先ずは簡易的な「現地巡回(目視)」「ポスト整理」等実施し、大切な資産に異常があれば直ちに是正のご提案をさせていただきます。

FP不動産建物管理は社会的責任において大阪市で実施しております「空家利活用改修補助事業」を活用して魅力ある街並み再生に取り組む次第でございます。
是非一度管理業務に強いFP不動産建物管理へご相談の程お願い申し上げます。

大阪市空家利活用改修補助の説明です。

今注目の不動産・不動産管理上のトラブル解決
ADR(裁判外紛争処理機関)をご紹介させていただきます。

FP不動産建物管理の代表が令和4年10月11日付の住宅新報にADR登録調停人候補者として掲載されました。
  • FP不動産建物管理は収益物件運営に必要な「不動産」「不動産管理」業務をワンストップで対応できる業者です。
    収益物件の紹介から管理業務まで「自社トータルサポート」「相談・対話重視」「代表自ら検討者様へ接客業務」「競争激化に勝ち抜く戦術」を実施し、管理コストを抑えながらで早期満室実現のお手伝いをさせて頂きます。
  • FP不動産建物管理はアメイジング安心入居サポートで"ご入居者様のもしもに"ご対応させていただきます。
  • FP不動建物管理では入居促進案として、「バーチャルインテリア」(オプション対応)「カラデコファスト」(オプション対応)による生活空間のイメージ付けを実施
  • FP不動産建物管理では「補修」「クロス洗い」で原状回復費用の軽減を実施します。
  • FP不動産建物管理は不動産管理業者紹介として、 大家さんの味方カソットイエカレ⁺ 掲載中 

FP不動産建物管理は東住吉区、阿倍野区、平野区、住吉区で不動産・不動産管理(賃貸管理 建物管理)業務を中心に、賃貸仲介手数料無料を取扱い、賃貸住宅設備保証、原状回復費用補填サービス、不動産コンサルティング業務を担い、日本不動産仲裁機構ADRセンター調停人候補者を兼務し、相続、土地活用、空室対策(㈱Wiz提携)のご相談も承り、空き家対策も施せる不動産業者、不動産管理業者です。